2016年01月06日

無線式開閉センサーを事務所の窓に設置するコツは?

開閉センサー本体と付属小型マグネットは、窓や扉をぴったり閉めたときにお互いに接触するような位置関係で貼り付けます。サッシの場合は枠側の側面にセンサーの本体、反対側のガラス面などに磁石を付属両面テープで貼り付けます。センサー本体とマグネットの間に隙間が空いていると誤動作の原因になります。

開閉センサーを窓につける場合、防犯上、クレセントの鍵から離れたサッシの上部にセンサーを貼ると防犯上効果的です。 また結露のひどい場所では必ずサッシの上方に取り付けてください。


低価格、格安、買い取り式自主機械警備セキュリティシステム


月々の警備料金が要らない買い取り式機械警備。事務所、店舗用ワイヤレスセキュリティシステム。
取り付け工事も必要ありません。初期費用のみの料金で導入できます。
posted by wirelesssecuritysystem at 14:08| 防犯センサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。