2014年02月28日

電話通報先の登録方法。事務所店舗用ワイヤレスセキュリティシステム

電話通報機の各種設定操作の流れ。
警報機に接続する前に、電話通報機単体と携帯電話を使って各種設定を行います。

1.電話通報機を電話回線に接続します。
一旦、電話線から御利用中の電話機やFAX機を外し、電話通報機だけが電話線につながった状態にします。
※設定作業が終わると元の戻します。

2.登録モードに入ります。
電話通報機のつながっている電話番号へ携帯電話から電話をかけて登録モードに入ります。
携帯電話のキー操作で暗証番号を入力すると登録モードに入ります。

3.通報先の電話番号を通報機に登録します。
緊急連絡先の電話番号を通報機のメモリに登録します。
リダイアル回数などの各種登録操作も含めて、設定作業は携帯電話機のキー操作で行います。


4.接続電話回線(電話通報機が接続される電話回線)の種別の選択設定 
電話通報機を設置する電話回線に合わせてトーン回線もしくはプッシュ回線を選択設定します。
※この種別があっていないと通報できません。


5.電話通報テストを行います。
警報機の入力用リード線を接触させると電話通報機単体でも通報動作を行います。


6.暗証番号の変更。
第三者が通報機の設定を変更することができないようにします。


7.設定作業が全て終わったら電話機を元に戻します。
電話機も普段通り通話、FAXができるかを確認してください。
警報機接続してください。

低価格、格安、買い取り式自主機械警備セキュリティシステム

月々の警備料金が要らない買い取り式機械警備。事務所、店舗用ワイヤレスセキュリティシステム。取り付け工事も必要ありません。初期費用のみの料金で導入できます。低価格、低料金。企業の警備料金の経費削減、コスト削減に。事務所や店舗、倉庫や工場。工事事務所などの防犯、防災対策にご利用いただけます。
posted by wirelesssecuritysystem at 10:43| 製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする